スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月27日

今日は肥曙出荷。
秋肥の再開。
昨日来の雨で、梅雨が残る。
木々に触れると濡れるので、よけながら施肥。
肥料を入れる器(こちらではしょーけという)には10Kg。
なかなかに重い。
昼からは肥料を積んだトラックが行き交う。
秋肥が始まる。

雨で気温が下がったせいか、早生も色抜けが進む。
しかし、また雨。
今度は大雨の予報。

帰りしなスーパーに立ち寄る。
ミカンコーナーは珍しくほぼ売り切れ。
今年はミカンの荷動きはいいらしい。
月末値が下がるが今年はそうでもない。
糖が乗り酸が向けて美味しいらしい。
セリ前時折ミカンを眺め、食べるが、
9割がた美味い。
当たり外れがない。

肥料を振りながら、雑草が気になる所が出てきた。
雨上がりは草刈りか。
まだ施肥が残るので手が回るか?

今頭を悩ますのは早生の収穫をいつ始めるか。
色付きが悪いと、収穫に時間がかかる。
実を選んで採ると、ばいいじゅの時間を要する。
さてさて。

今度の雨が上がるとぐっと気温が下がる予報。
期待する。

いま、きのこ類が手ごろな価格。
もち米をいただいたので、炊き込みご飯。
ひじきを加え、美味い事美味い事。

今日ラジオで熊本・新米祭りを報道。
繁華街で開かれたそうだ。
熊本にも美味しいコメの産地がある。
七城町の米がまず頭に浮かぶ。

今日は取り立てて肴はない。
スポンサーサイト
プロフィール

宮崎雨酔

Author:宮崎雨酔
熊本でミカンを作っています。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。