スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月22日

今日は夕方雨の予報。
弁当下げて摘果に出かける。
9時ころから小雨。
すぐに止むだろうと思いきや、なかなか止まず。
若木だとそう濡れないだろうと、葉ミカンを摘果。

しかし、そぞろ降り続く。
あきらめて昼帰宅。
もったいない一日。

ここ台風やらの雨で、ミカンの実は一気に大きくなる。
今まで水がなかったので、ここにきて水分十分、よく吸い上げているのか?
例年後半肥大する肥曙という品種も、小玉、落葉とストレスがかかりすぎだった。
我慢し、9月に入り小玉だけ落としたが、この雨でぐんぐん肥大。
大きすぎか?
葉色も戻り、やや心配。

パプリカを発見。
大分産、新鮮で実にうまかった。
韓国産などが目立ったが、産直コーナーで売られているパプリカで新鮮。

細切りにし、かつぶしで。
10年以上前、屋台のつまみが思い出される。

夕方市場にミカンを見に出かける。
この時期としては多い。
いわゆる極早生だが、木が大きくなり、生産量が増えた。

本年産は今のところ、糖が乗り食味がいい。
これから乾燥気味に天気が推移すれば、さらに美味しいミカンに。
スポンサーサイト
プロフィール

宮崎雨酔

Author:宮崎雨酔
熊本でミカンを作っています。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。