スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月1日

今日は摘果。
昼、台風が九州にやってくるとの報道。
午後からかいよう病に弱い、はるみ、ネーブルに銅剤(コサイド)散布。
雨の予報が出ているので、急遽散布。

どうやら、発達しそうで雨はいいが、風が怖い。

この近辺、摘果に精出す。
小玉傾向で、先般の雨でも地面はすでに乾き、水分が不足。

早や9月。
品種によっては今月半ばから収穫が始まる。
いわゆる極早生だが、市場では敬遠気味に。
まだまだ、ブドウやナシなど、競合果物が潤沢。
しかも気温は高いので、ミカンは遠慮がち。
更新された極早生は、今や木が育ち、生産量は増えるばかり。
なかなかに産地は問題多し。
特に熊本は極早生の比率が高い。
いかに減らす(品種更新)か、頭の痛いところ。

台風に備えなければ・・・。
スポンサーサイト
プロフィール

宮崎雨酔

Author:宮崎雨酔
熊本でミカンを作っています。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。