スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月25日

数十年に一度の寒波。
前日は終日氷点下。
-5度が8時間程続く。

倉庫の様子が心配で6時ころ家を出て
徒歩で見に行く。
約1時間雪道を歩く。
報道では朝7時ころに氷点下6.2度を観測。
倉庫の窓際や、シャッターのそばのバケツの水は凍っていた。
庫内の温度計は0度。
中晩柑何個か見てみるが凍ってはいない様子。

ミカンは心配だったが、こちらも凍ってはいない様子。
食べいてみるが冷たいこと。

河内晩かんは実をつけているので、こちらは凍っているだろうなと思い見に行く。
案の定触っただけでわかるほど。
F1000041.jpg
これは河内晩かんを輪切りにしたもの。
シャーベット状態。
午後、雪も融け車で登り、再度様子を見に行く。

河内晩柑は元に戻っていたが、果たしてどうなることやら。

雪道を登りながら、数台車に会う。
凍った道を運転するに怖くないのかと思う。
数台の救急車にもすれ違う。
普通のタイヤで走る車にすれ違い、
怖さ知らずに驚異。

久方ぶりに2時間以上歩く。
先を見ると遠く感じるが、子供のころ(小学生、中学生時代)はほぼ毎日のように歩いていた。

夜は湯豆腐。
いただいたネギと、今旨さが増している白菜。
寒波で野菜の価格が上昇と。


スポンサーサイト
プロフィール

宮崎雨酔

Author:宮崎雨酔
熊本でミカンを作っています。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。