スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月15日

今日はあまり雨は降らない予報だったが、
朝から本降り。
南柑の出荷。

歯茎が腫れて、我慢ができない日が続く。
昼、歯医者へ。
根の部分にばい菌が入り、炎症を起こしているらしい。

今の時期通院できないので、年明けにとお願いする。
しかし、それが裏目に。
夜激痛。
痛くて眠れない。
痛み止めを飲み、我慢。

治療に行く時間を見つけなければ。

今日は播磨灘産のカキを見つける。
広島産より高めだが、味が濃厚なので肴に。

これがいけなかったのか、晩酌が進み、激痛につながったのでは・・。

新聞ではレモンが米国の干ばつで、
またグレープフルーツが木の病気で生産量が減っているそうだ。
輸入価格も上昇。
日本のミカンも生産量が減っている。
来年の部会の件で、河内のミカン農家にTEL.
毎年、150tから170t出荷する農家だが、
はや、不知火の収穫を始めたと。
例外にもれず、収穫量は減ったそうだ。

市場に荷を降ろしに行くが、がらんとしている。
野菜とは正反対。
気候の影響は怖い。
スポンサーサイト
プロフィール

宮崎雨酔

Author:宮崎雨酔
熊本でミカンを作っています。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。