スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月16日

終日父の病院。
夜8時30分ころから呼吸が浅くなり、
1時間後鬼籍に入りました。
享年82歳。

ここ谷尾崎に開拓団として入植、ミカンづくりを始め60年。
まさに一からのスタート、苦労が多かった。
何よりも貧乏だった。
つい5月まで石を継ぎ、入院する1週間前までミカンの摘果や、
草刈をしていた。
7月28日、緩和病棟へ。

その時長くはないと覚悟を決め、一言二言言い置き入院。
咽頭がん。

自分はミカンを始めて13年、父親以上のミカン農家になると言い続けた来た。
数々の対立もありケンカも。

呼吸困難になり、それでもミカンのことを心配していた。
苦しさと不安のなか、ミカンを気にかけている、
そして最後息を止める姿をみて、自分は親をl越えることはできないと思った。

1日前、医者の呼ばれ覚悟をと言わfれた。
それから丸1日命をつないだ。
医者は父の強さに驚いた。

父の82年は充実していたに違いない。
スポンサーサイト
プロフィール

宮崎雨酔

Author:宮崎雨酔
熊本でミカンを作っています。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。