スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月25日

台風15号が通過。
熊本県への上陸は16年ぶりだそうだ。
夜半から風が強く、朝方9時過ぎまで暴風。
おまけに6時頃から停電。
夕方までは電気なし。
川を挟んだ隣の地区は電気が来ている。

トイレは使えない、携帯も電源切れ。
家の女房が、オール電化がいいと言っていたが、とんでもない。
ガスがあるだけで、今回は大助かり。
お湯は沸かせる、おかずは作れる・・。

風呂が沸かせないと思い、スーパー銭湯へ。
4時頃出かけたが、何とお客さんが多いこと。
ひょっとして、お風呂が焚けなく皆来ていたのか?

今日驚いたのは朝、いつものように新聞が来ていたこと。
その時間は風も強く、普通なら外には怖くて出れない。

やや風も弱まり、雨も一旦止んだので、園地へ。
道は木が倒れていると連絡があり、迂回して実家へ。
しかし、地元消防団や、近所の人が倒木は片付けていた。
当然消防団の人は自営や農家。
行動が早い。

ちょっと園地を眺めたが、倒木や、根こそぎ木が飛んでいるころも。
しばらくは片付けに追われそう。

帰りはいつもの幹線道路に出るが、通行止め。
木が倒れかかっているため。
朝から警官が2人、交差点で誘導。

消防団曰く、切り倒してしまえばいいのにと。
役所は切り倒すにも、判断が出来ず税金を無駄に使っているらしい。

お陰で迂回路は旧道で混雑。

メールで何人かの方から大丈夫ですかとお気遣いを頂く。
本当にありがとうございます。
地元で厳しいのは梨農家。
9月10月収穫分は、落果ではないか?

これから農業被害は明らかになる。
ハウスも・・・。
スポンサーサイト
プロフィール

宮崎雨酔

Author:宮崎雨酔
熊本でミカンを作っています。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。