スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月15日

肥曙の摘果。
はるみに施肥。
などで午前中汗をかく。
アルコールを抜くため。

しかし、午後はお盆休みにしたが、また飲んで同じ。
道であったミカン農家の方に、日焼けと実割れが多いと言われたが、
どこも同じ。
梅雨明け後の高温と、2週間余り雨の無い日が続いた後の雨。
これはミカンにはこたえる。
日焼けも実割れも致し方ない。

和歌山県のミカン果実調査を見ると、梅雨明けまでは糖の乗りは悪かったが、
その後の天気で、急激に糖は乗っている。
 さて今後の天気は・・・。
スポンサーサイト
プロフィール

宮崎雨酔

Author:宮崎雨酔
熊本でミカンを作っています。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。