スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月29日

今日は結石の再検査。
終えて、摘果。

帰宅すると、山梨の方からモモが届く。150729 001
なつっこという、硬めのモモです。
ふたを開けた瞬間鮮やかな、いわゆる桃色が目に飛び込んでくる。

先般近所の農家からモモを頂いたが、
なつっこは、比較してはいけないが、柔らかい、甘い香りがする。

桃を頂くと本格的な夏になり、盛夏を迎える。
しかしこの桃は、梅雨のさなかに収穫が始まり、梅雨が明け暑い真夏にかけて収穫。
雨と暑さの中での作業。

しかし、収穫はあっという間で、終えた後の手入れから翌年の収穫に向けての
作業が始まる。
農家の1年の思いが1個1個に詰まっている、
自然の中から生まれる甘さ、美味しさは何とも言えない。
農家の苦労、思い、そして自然の作り出す旨さの融合。
スポンサーサイト
プロフィール

宮崎雨酔

Author:宮崎雨酔
熊本でミカンを作っています。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。