スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月4日

もみ殻の搬入。
梅雨の晴れ間で、真っ青な空。
気温も上がり、暑さも加わる。

今日は麦の収穫だそうで、たくさんの農家がJAに集まっていた。

ニュースで、東京の高齢者を地方の移住させる提言があると。
日本は中国ではあるまいし、ましてや住み慣れたところを離れ、
見知らぬ人ばかりの土地に移住するだろうか?

移住提言の理由はあるようだが、東京1極集中を解決できないで
高齢者だけを地方に移住させるということに、皆賛成するのだろうか?

不思議な提言だなと思いながら、ニュースを眺める。

先般河内のミカン農家の飲み会の中で、
ある方が病に倒れたそうだ。
何度か飲んだ方。
62歳。
農家は辞めると。
後継者は皆外へ。

いつも思うことだが、若い人は農村から出て行くばかり。
残るのは高齢者。
地方も高齢者、都市も同じく高齢者。
地方から若者を吸い取り、高齢者を吐き出す・・。
なんとなく変。

スポンサーサイト
プロフィール

宮崎雨酔

Author:宮崎雨酔
熊本でミカンを作っています。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。