スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月7日

農道の落ち葉かき。
後1カ所は作業用道路になる予定のところ。
市に石などどけてくれとTELするが、業者が未定などの理由で出来ないとの返事。

そこは何件かの共有道路で、お互いに草刈をしたり、落石をどけたりしていた。
なかなか道路の工事が始まらない。
聞くところによると、別の地区で作業用の仮橋を、道路工事が終われば残せる本橋にしてほしいと
要求している2,3人の住人が居るらしい。
小さな地区であり、また橋も従来のものがあり、対費用効果を考えても無理らしい。
しかもその地区の用地買収は100%済んだ後の話。

周りからは非難があるが聞く耳を持たないらしい。

買収を終えた場所の草刈など毎年税金が使われる。
工事が延期されるたびに無駄な税金が、たった2,3人のために使われる。

しかし、不可解なのは説明を受け、用地買収にハンコを押し、お金を受け取っているのに・・
今更・・。
まさに人間の欲がなすものか?

道路を掃除し、防除の準備。
後剪定。

スポンサーサイト
プロフィール

宮崎雨酔

Author:宮崎雨酔
熊本でミカンを作っています。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。