スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月2日

青島出荷。
不知火の貯蔵を始める。

昼、農業センサスの回答用紙の回収へ。
2時間も時間がつぶれる。
どこも話が長い。
よって帰宅が遅くなる。

しかし、どのみかん農家も出荷準備で、
そこのミカンや中晩柑類を眺め、話を聴き、勉強になる。
皆熱心でミカンに対して情熱がある。
しかも自分とは違い何十年もミカンに携わり、経験も豊か。

みかんを初めて12年の自分はまだまだ子供。

きぃうは先般買っていたシシャモの残りを肴に。
後はまたまた太刀魚の煮つけ。
聖護院(カブ)を付け合せに。
焼酎が今日は進む。
スポンサーサイト
プロフィール

宮崎雨酔

Author:宮崎雨酔
熊本でミカンを作っています。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。