スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月28日

青島の出荷。

午後地域の道路説明会。

高規格道路の工事用作業道の設置について。

昨年市より話が来て来年に工事したいいうが、
そんなに早く出来るのと思っていたが、
案の定1件の地権者が異議を唱えたと連絡あり。

昨年区長とその家を訪ね、地元としての意向を伝え、
2点その地権者が解決してほしい問題点を聞き、それが解決できれば賛成だと。
その2点を役所に伝えたが、それを地権者には説明していないらしい。
 
今日、その地権者に連絡をしたら反対されたと。
そして再度その地権者に説明してほしいと言って来た。

さて、今回、地元から作業道としてではなく、農免道路と
我々の部落を繋ぐ道路として陳情をかなり前に行った。

そこに市が作業道として道路を作りたいと提案。
ということは行政として道路を作りたい意向。
であるならば主体は市に移っているのでは?

熊本市は高規格道路の工事を行っている。
ここの地区にはトンネルを掘り、高橋を作り熊本駅の方へつなぐ計画。
熊本駅側は出来上がり、市の北側はかなり工事が進んでいる。

この地区だけが、2.3人の皆不可解に思う提案で工事が全く進んでいない。
地元では対費用効果、現状の道路状況から、全く税金の無駄遣いの提案と言っている。

それを役所は説得できていない、もう何年になるのか?
毎年地元での説明会では完成は伸びますと言うだけ。
今年は出来上がっているはずだった。

それが昨年の説明会では平成35年をめどにという。
この道路の話が出て、40数年になる。

土地の買収はほぼ終わっている。
もう何年も前に。
収用された土地、私道は荒れ放題。
その整備(当初の約束通りなかなかやってくれない)に税金が使われる。
毎年役所に電話する、「畑の周りの草を切ってください。道路の落石や木を切ってください。」
と。

ある県議に、地元の人が工事は何とかならないのかと尋ねた。
その県議は「市の能力ではね」と。
いわゆる政令都市に移行し、市にその能力がないのだと。
スポンサーサイト
プロフィール

宮崎雨酔

Author:宮崎雨酔
熊本でミカンを作っています。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。