スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月25日

青島の腐敗果を取り除く。
金峰を出荷。
倉庫の片付け。

今日は石持ちでは無くなり調子がいい。
しかし、晩酌は進まない。
広島の牡蠣で。

疲れが溜まっているせいか?
すぐに眠くなる。

先般、果樹部会の席で、
JAの集まりは年寄りばかりだと、ある支店長に言った。
後継者がいるところは、若い人を親が出さなければと。
農業関係の集まりは若い人を出さなければ。

地域に継続性や、新しい考えなど何も出てこない。

後継者のいる親の話を聴いていると、
数少ない農家で、どう地域を維持しようと考えているのか分からない。

ハッキリ言ってそういう人たちと飲んでも面白きもなんとない。

自分の所属する果樹部会(市場や商人に出荷)は若い人も顔を出す。
だからよく飲み会もあるし、若い人の考えが伝わってくる。
(自分も今の会では若い人?)

この狭い地域にもう一つ果樹部会がある。(JA出荷)
一時一緒になろうと話もあったが、
考え方の違いなどから流れた。

自分は他の地域のミカン農家と飲む。
JA出荷の人達。
彼らは、JAだろうがどこに出荷しようが、
同じみかんを作るのだからと一笑にふす。

雨の予報。
スポンサーサイト
プロフィール

宮崎雨酔

Author:宮崎雨酔
熊本でミカンを作っています。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。